気に留める

『気に留める』とは心にとどめる、忘れないでいる。ということ。

この3月の終わりに我が家の裏庭の隅に椿の花が、何輪も真っ赤に咲き誇っていました。

十数年前に、根だけ残しておいたものです。

昨年やその前、どうだったのか覚えていません。

気に留めていなかった・・ということでしょう。

手入れもせずに放っていたのに、自然にこんなに美しく咲いて・・

ハッとさせる。

IMG_0343.jpg

花は誰も見ていなくても、ただ黙って咲いている・・

命の証明ですね。

気に留めていない・・もう一つ。

車で市内のデパートに買い物に出かけました。

車から降りスプリングコートの裾から見えたのは、

何と家で掃除の時に履いていたスエットのズボン。

思い切りラインが入ったいかにも部屋着です。

いつもはこんなことも、玄関で気がつくのですが・・。

寒いので、上だけ着込んで忘れたのでしょう。(電車じゃなくてよかった〜。)

そのまま駆け込み、ズボンを買って履いて買い物を続けました。(笑!)

見ているつもりでも見ていない、手を動かしていてもその手は気に留めずに

動かしている。ということです。

最近先のことばかり考えているのか、無意識の行動が多いので、このスボンのことは

警告だったかと思います。 (>人<;)

IMG_0309.jpg
小田原 3月の桜

新年度が始まります。仕事においても新しい環境へ変わっていく人も多いことでしょう。

それぞれの人が、新鮮に毎日を積み重ね

有意義な日々を送れますようにと・・エールを送ります!

教室でも、一人一人の力がもっと伸びていかれるよう、

新しいプログラムを考案しています。

広告