2つのサプライズ

4月15日。

15年前に亡くなった祖母と夢で会うことができ

ました。

ニコニコしたその顔に

「アラ、おばあちゃん元気そう!」なんて

会話もし、朝目が覚めてもそれはとても鮮明な

映像でした。

夢でもいいから会いたいと思っていたことが

叶い、そして午後には

『南極』からの絵葉書が・・。

IMG_2678.jpg

確かに南極の昭和基地の消印。

差出人は滋賀県・通信のKさん。

よく旅先から絵葉書をくださいます。

今回は『エー!まさか南極!』とびっくり

しましたが、よく文面を見ると

南極を経由して・・とあり、

日付は令和元年10月27日と書いてあります。

滋賀県から南極を経由して神奈川の小田原まで

約半年の長い長い旅を経て、この世界危機の中

よくぞ無事届いてくれたことか・・。

思わず地球儀で辿ってみて、ああ、ありがたや。

IMG_2677.jpg
往復約28,000キロ

半年前のkさんが、

『このハガキが届く頃には私の字も

もう少し変わっているかも、と想像しています・・』

と書いてくれています。

『はい、着実に変わってきています。』と

ハガキに向かって答えました。

夢のような壮大なロマン・・大切にします。

心曇る日々の中の1日、同じ日の2つの

サプライズは

なんだか繋がっているような気がします。