一瞬のために

IMG_2921.jpg

7月の夜空、家の東側の窓から見えた花火。

5分間のサプライズ。

今まで夏の風物詩のように当たり前に

眺めてい『花火』

『この一瞬』のために多くの人が関わっている

ことにしみじみ思いを馳せること・・

あったでしょうか。

 

下ばかり向いている日常で、

幼い頃から積み重なってきたたくさんの花火の

思い出とともに、心が子供に戻った瞬間でした。