便り

IMG_2972.jpg
万歳しているような、丸をしているような羅漢様

8月になっても耳に入る情報には

心波立ちます。

そんな中で、しばらく会っていない人

これから当分会えない人を思い浮かべ

葉書を何通か書きました。

書き出しは『暑中お見舞い・・』

ではなく、思った短い言葉を。

3日前に出した葉書のお返事が

もう返ってきて、なんと素早いこと。

 

「写真のような世の中に1日も早く

なりますように願っています。」と。

声を発しない短い文字だけの交流も

嬉しいことです。