2020年への想い

玄関にご近所からいただいた蝋梅を。

つい老梅と書きますが正しいのは

『蝋梅』らしい。

爽やかなその香りはきつくなくほんのりと

して甘い蜂蜜のよう。

静かなお正月を迎えるのにふさわしい。

今年は人とは自由に会うことが叶いませんでしたが

こうしてこの花や物や本とも素敵な出会いが

ありました。

この本、何だか怖そうな表紙ですが・・。

著者 「関大徹 老師」

本を開くと

近くで説教されているような

あたたかい近さがあります。

今年はこの本と出会うことが私にとって

もう最初からプログラムされていたような

気がします。

(選者・執行草舟氏のあとがきにホロリ・・。)

弱い人間の一人である私は

何度もページを紐解くでしょう。

『生きることは死ぬことである』

死ぬまで生きればいい。

『食えなんだら食うな』

食える分だけ食えばいいのであります。

2020年に感謝。