晩春

庭の紫蘭(シラン)が知らないうちに

その鮮やかな紫を見せています。

たくさんの木々や草花が芽吹き花が咲く季節。

箱根旧街道にある甘酒茶屋。

江戸時代から創業約400年だそうです。

気分転換のドライブの途中で立ち寄って

みました。

ウグイスが『ホ〜ホケキョ』と

出迎えてくれました。

室内は薄暗い。

囲炉裏のそばの書が力強く且つ

墨の黒が場を引き立てています。

甘酒。米麹と塩だけの甘さでノンアルコール

400円なり。

(ちょこっと漬物が付いている。)

飲んでびっくり!

何とも表現しがたい美味、400年の歴史重し。

その昔・・険しい箱根越えをこの1杯で

多くの旅人が癒されてきたのですねぇ・・。

大きな大きな歴史の途中、たとえ塵のように

小さなことでも自分は何かを残せるのか。

これは何ですか? 

タワシ?いえいえコロッケです。

(見た目がヒドイ。笑!)

このタワシコロッケ意外と美味しいです〜。