クリスマスの頃には

2021年が過ぎて行こうとしています。

世界中の大きな波は行ったり来たり、

翻弄された1年でしたね。

始まりがあり、終わりがあって、いいことも

悲しいこともあり・・。

年末のクリスマスの頃は好きな時期です。

ツリーを飾り付けする時や、

ライトを照らすクリスマスの夜、いくつに

なってもちょっとワクワク。

そして『シュトレン』を食べるのが

1年1度の楽しみであり、締めくくり。

日持ちするパンのようなお菓子で

ドイツ発祥のものです。

日本でもクリスマスが近づくと売っていますが

今年は教室の生徒さんからいただきました。

小田原らしいかまぼこ板に乗った

シュトレン、なんともほっこりした姿と

お味でした。

無事に1年勉強し、笑顔でドアを

出てもらうこと、

字の勉強は地味な積み重ねですが、

ある日フッと変わって自信になっていく、

この感覚を皆さんに味わってもらいたい

・・これが私の目指すところです。

2021年もサンタとトナカイが引くそりは

渡航制限しなかったそうですから

世界中を走り回りみんなに笑顔を

届けてくれたことでしょう。

Thank you for your hard work.