開口便笑

IMG_2443.JPG

開口便笑 笑古笑今 凡事付諸一笑

(人に会ってはまず笑おう。昔を笑い、今を笑う。何事もみな笑って対応することだ。)

この書は「乙丑秋日」と書いてあるので、平成21年秋頃書いたものと思われます。

今は空いている家族の部屋にかかっているもの・・。

確か当時の日経新聞「交遊抄」で見かけて書き留めたものでした。

新聞・本離れの時代ですが、紙としての読み物の方が言葉が目に止まるような気がします。

当時の私が家族を励ますために贈った書は、未熟なりにその時自分ができることの精一杯だったのでしょう。

今でも時々眺めています。

どうしても笑えない時もそれはありますが、何もできなくても笑顔を向けることだけはできますよね。

泣いても、怒ってもいい。ただし・・早めに切り替えて笑って生きていきたいと思います。

人生二度なし。

広告

2018年

2018年がスタートしました。

IMG_2322.JPG
鳥さん1年間ありがとう。
IMG_2323.jpg
犬さんよろしくね! 

「今日」という日は『今の日』と書く。

「明日」になれば『明日が今日』になる。明日というのは

影法師のよう。

だから今しかない。

やるべき事はどんどんやってくださいよ・・と自分につぶやき続けるスタートです。

IMG_2424.jpg
空を眺めているクーちゃん。また会える日まで。

クリスマス

今日はクリスマス。

日曜日でもあるので、きっと街は賑やかでしょうね。

私はしみじみ家でクリスマスを過ごします。

IMG_2269.JPG

子供の頃はブーツ型に入った

お菓子を買ってもらうのが楽しみでした。

中のお菓子を早めに食べて空にして、

スリスマスの晩、枕元に置いて寝るのです。

朝起きたらその中にサンタさんからのプレゼントが・・

と、期待して。 残念ながら毎年空っぽでしたが・・。(笑)

今となってはとても懐かしい思い出です。

空っぽの靴の中にはきっと、形の見えない夢がいっぱい詰まっていたのでしょう。

IMG_6760.jpg
ドイツのシュトレン美味しい!
IMG_6481.JPG
またきっと・・。

人を想う

12月。

毎年12月になると、今年1年は何をしていたのか。来年の今頃は何をしてどんなことを

考えているのか・・と毎年同じことを思います。

毎年同じよう・・でも確実に違う1年。

先日、本の整理をしていたら清川妙先生の「手紙の本」を久しぶりに目にしました。

「短くても丁寧に、思い立ったらすぐに書きましょう。」という

清川先生のメッセージが溢れています。

年賀状を書く季節。人を想う季節。

パソコンの普及とともに、印刷物の往復のようになりましたね。

それでも出さないよりはましなのかな・・。

IMG_6301.JPG
グリューワイン 今年は写真で楽しみます!
IMG_6248.JPG
ベルリンのクリスマスマーケット

11月は柿の季節。

私が生まれ育った家の庭には古い柿の木があります。

渋柿です。

樹齢何十年でしょうか。木ってすごいなー。

子供の頃はおてんばで身が軽くサルさんのようでしたから、よくこの木に登って遊んでいました。

今は体が重すぎて登ることもできません。

豊作の今年は大量の柿を親戚中で分け、

それぞれが干し柿にしたり、さわし柿(渋抜き柿)にしたりします。

一昨年は干し柿を失敗したので、今年は慎重に再挑戦。完成までまだまだかかりそうです。

柿の渋を抜くのは柿のヘタに焼酎をつけ、ビニール袋を2,3重に密閉し、

お湯をはった風呂に蓋をして蒸らし、出したあとは袋のまま2,3日放置して時々渋抜き加減を確認する。

という手順。
IMG_2181.JPG

渋を抜いた柿は甘柿よりも独特の味わい

 

干し柿も皮をむいたり、紐をくくりつけたり・・、結構手間がかかります。

子供の頃は秋になると気がつけばこれらの柿は手元にあり、当たり前のようにただ食べていましたが、祖母がこんな手間をかけて作ってくれていたんだなぁ・・と今更ながら感慨深いです。

過ぎてから気がつく・・ってことでしょうか。

IMG_2182.JPG

 

 

雨もまたよし

先日、土砂降りの雨の中箱根へ行きました。

途中の道路は霧が深かったのですが、

またこれも箱根らしい。

まずは久しぶりに箱根神社へ。家からは30、40分でしょうか。IMG_1842.JPG

この雨ですから、空いているのかな・・と思ったら、結構な人出でした。

みんな思うことは同じ、願いたい気持ちも同じということでしょうか。

上達を祈りました。自分と生徒さんの・・。

ペンの持ち方からスタートした生徒さんが、ある日パッと「上達したなぁ〜。」

と思う瞬間があります。

そういう時は少しでも共に成長できた喜びを感じ、ワクワクします!

勉強には終わりがないのですが、「千里の道も一歩から」という言葉があるように

何事もスタートしなければ始まらないのですね。

IMG_1837.JPG

駐車場内、お休処の「五色餅」

美味しいです。

 

セピア色の思い出

7月も半ばになりましたが、梅雨明けまでもう少しでしょうか。

猛暑が続いております。地震・台風ではなかったですが、福岡で大雨による甚大な被害が出て、本当に自然の猛威とはいえ胸が締め付けられる思いです。祈るしかありません。

1日後、いえ1秒後のこと・・未来のことは誰にもわからない。

昨日も今日も明日も明後日も同じような日々を繰り返しているようですが、実は一つとして同じ瞬間はない・・今日あった人とも、「じゃあまたね。」と言っても『また』は確実ではありません。

そんな話を、

先日アメリカに嫁いでいる友人が帰国し、久しぶりの日本での再会の折にしておりました。

毎年7月に帰国するので、まるで七夕の織姫様と彦星様のようです。

お互いに歳を重ねいい大人になりましたが、心の中にいつでも幼かったセピア色の思い出写真を持って、会えばいつでもあの頃に戻れる・・大切な友達です。

学生時代から美人で頭も良く、モテモテで、今やアメリカで会社経営をし子育てをし、バリバリと世界中を回っている私の自慢の友達です。

飛距離が大きい。(⌒-⌒; ) いえいえ、私も日本で日々いろいろなことにチャレンジし、頑張っておりますよ。

『ここでいいや』『これでいいや』と思った瞬間、思考停止し、前には進めなくなる・・と。

泣いたり、笑ったり苦しかったこと、悲しかったことも・・未熟で失敗ばかりだった頃をいい思い出に変えて、今があるような気がします。

大いにいい刺激をもらいましたので、私は私の道でこの瞬間を大事にしてまいります。

また再会できた時に、お互い何を報告できるのか・・それを目標に過ごしていきたいを思っています。

 

IMG_0946
       気分はいつでもあの頃に

体験レッスン&料理講習会

5月も数日残すところ、蒸し暑い日が続きますね。

私の古くからの友人2人が、ペン字の体験レッスンに来てくれました。

友人といえどレッスンはお互いにとても真剣。

久々に見ましたよ、真面目な顔を。(失礼!)

もともと字の上手な2人ですが、改めて自分の書く字と向き合うと1時間はあっという間に過ぎたようです。

レッスン後は今度は逆に料理上手な2人が新鮮な魚や野菜を持参で、料理講習会。

IMG_1640

さすがの包丁さばきで、鯵のたたき・南蛮漬けやサラダなど、

手際よく綺麗な料理を次々と仕上げてくれました。

私は隣で「なるほど〜。」と感心、感動!

学生時代にも皆んなで料理を作った色々な

思い出がよみがえり、

楽しいランチのひと時でした。

友人との時間は、私にとって明日への活力となる大切な

時間です。

初心忘るべからず

寒暖差の激しい今日この頃です。

気がついたらすぐそこに夏が・・。

4月からスタートした新入社員の皆さんは2か月目に入りましたが、お仕事少しは慣れましたか?

必死でメモなどをとりながら仕事を覚えようとしていることでしょう。どんな職種にせよ、仕事の流れをつかむまでは大変なことです。

かつて私もそんな時代がありました。

先輩社員の皆さんは、今は責任もあり指導する立場にいらっしゃると思いますが、

新入社員だった頃を思い出し、覚えが遅い新人でもどうぞ温かくご指導くださいませ。

「初心忘るべからず。」

新入社員の皆さん、辛抱努力はとても大事です。

でも、どうしてもの時は身体を壊す前に考えましょう。

会社はひとつではありませんから。

IMG_1551
放っておいても美しく咲いた花の生命力に感動

自分へのごほうび

暖かくなりました。桜はまだ少し見られます。

一番好きな時間は『本』を読んでいる時です。

人生の中で経験できることは限られているので、小説や随筆などでその中に自分が入り

別の人生を経験できるような気がするからです。

最近、シンクロナイズドスイミング日本代表ヘッドコーチ

IMG_1436
目を覚ましてくれた本

井村雅代さんの「結果を出す力」など何冊かこの方の本を読む機会がありました。

今までテレビで見ていたのは、とにかく鬼コーチで、近寄るのも恐ろしいくらいの・・

という印象でしかありませんでした。

しかし、実に爽快なしっかりとした持論をお持ちの方で、すっかりファンになりました。

本の中の言葉がそのまま自分に向けられているようでした。

神様が「もっとしっかりせい!」とめぐり合わせてくれたのかもしれません。

井村先生が嫌いな言葉のひとつに「自分へのごほうび」があるそうです。

結果よりも大事なのは頑張った過程・・ということも言われますが、自分で「私は頑張りました」ということ

「自分へのごほうび」ということを今まで私自身よくそんなことをしていました。

「ごほうび」とはあなたの努力は素晴らしい。ごほうびをあげましょう。」と他人からいただくものです。

目が覚めましたよ。この言葉。

確かに、頑張らないよりはたとえ結果がついてこなくとも頑張った方がいいに決まっている。

しかし、結果が出てこそ初めて、がんばった日々も輝く のですね。

 

IMG_1427
ハナミズキの新芽が・・