そっと響く

秋のある日

東京にて日本料理全国大会が開催されました。

全国からプロの料理人が創作懐石料理の腕を競う

大会です。

なんと・・私の書いた「お品書き」まで会場に。

IMG_2011 (1).jpg

お客様が大臣賞を受賞されました。

神奈川県内・明治創業、にごり湯と創作懐石料理の落ち着いた旅館の料理長です。

近頃はどんな高級料理の店でも、ほとんど手書きの品書き(メニュー表)は見かけません。

(確かに印刷の方が線が安定し、曲がりなく揃って上手くレイアウトができますが。)

大会の「品書き」は特に決まりはなく、手書きでなくとも良かったようです。

今回、紙の選定・字体・レイアウト等全てお任せいただきましたので、いつにも増してかなり緊張し頭の中がお品書きだらけになりました。笑!

そんな気持ちを察していただいたのか・・

「『品書き』は審査の対象にはなりませんが、手書きのお品書きは魂レベルで審査員の

心を引く・・と思います。」・・と。

このお言葉を・・私は決して一生忘れません!

「必ずいい結果を出しますから楽しみにしていてください!」

そして、本当にその通りに。

IMG_4870.JPG

ご自分の力を信じ、なおかつ心の器がとても広い方なのです。

お客様の心に染み入るお料理を、きっと今日もお造りになっていることでしょう。

 

何か辛いこと苦しいこと、つい自分をダメだと思ってしまいそうな時、

嬉しかったこと感動したことが奥に隠れてしまいがち

ですが、

そういう時こそれを表に出して、しぼみかけた心を膨らませていきたいです。

人の心にそっと響く字を書くために・・

これからも研鑽してまいります。

広告

空高く

IMG_3832.JPG

この夏、私はドイツに滞在しておりました。

例年になく日本と変わらず、暑い暑い夏でした。

今、日本はやっと夜になると秋らしい・・リンリンと

虫の聲。

夢を見ていたのかな・・と思うくらいヨーロッパは

遠くへ行ってしまったかのように、思い出となりました。

IMG_3859.JPG

 

IMG_3840.JPG
ベルリン大聖堂

 

 

 

 

空が高く見えるのは、電線が見えないから・・?

道も広い。

 

  1. ビールフェスティバル

      8/3〜8/5

全長2.2kmの距離に世界中のビールが集まります。

ヨーロッパの人はビール好き?とてもアルコールが強 いです。一体何杯飲むのでしょう・・。

IMG_3495.JPG

IMG_3572.jpg

IMG_3891.JPG
ビールジョッキを首からぶら下げ

2. 街角で見かけた日本

IMG_3839.JPG
木製ペン軸を買う文具店

IMG_3701.JPG

何と、ハンドメイド・ジャパニーズ、と書いてある。

39ユーロ 約5千円ちょっと  どんな人が買ってくれるのでしょうか。

IMG_3661.JPG

チェコ・プラハのデパートのマネキンが

着ていたTシャツ

デニムの着用 ・・・??

 

 

IMG_3597.JPG
SONYセンター  複合商業施設

3.チェコ・プラハ へ

IMG_3838.JPG

IMG_3657.JPG
プラハ・ヴルタヴァ川(モルダウ)にかかるカレル橋

「モルダウの流れ」の

メロディーが心の中で蘇りました。

IMG_3865.JPG

 

4. ベルリンの街

IMG_3719.JPG

街角演奏家  皆、上手いです。

IMG_3860.JPG
家族で大合唱!
IMG_3725.JPG
演奏者1人 約2名 寝たり、踊ったりして勝手に参加

IMG_3579.JPG

ベルリンのシンボル テレビ塔を遠景に(午後9時半頃)

爽やかな風が雲の方から吹いてくるような忘れられない景色でした。

始まりがあれば終わりがありますが、決して記憶は消えません。

出会った街、人々、自然・・今どうしていますか?

いろいろな想いを積み重ねて・・

またいつか会いましょう。

駆け抜けていった人

出会いがあれば別れがある・・

こんなに寂しいなら、出会わなければよかったのか・・

いえ、決してそうではないでしょう。

8月22日 大切な友人のお別れに行ってきました。

街角で倒れそのまま帰らぬ人となったのです。

 

IMG_3843.jpg

 

そうとは知らず、しばらくヨーロッパへ行っていた私は

旅先から彼女に呑気な絵葉書を出してしまいました。

間に合いませんでした。

ところが・・24日、時差ぼけで眠れず朝方になって

ウトウトやっと眠れた

夢の中で、

赤いライトバン?のような車の運転席で

ハンドルを握ってニコニコして目の前に。

「あれ、〇〇さん、車の運転できたの?」と声をかけたところで夢は終わりました。

ほんの一瞬。

思いを巡らせてみると、もしかしたら「絵葉書届いたよ。」と

知らせてくれたのかな?

スピリチュアルな彼女らしい・・。ありがとう。

彼女は同じ師匠の元で10年以上、共に励ましあいながらペン字の勉強を

続けてきた仲間でした。

IMG_3842.jpg
以前もらった手紙

丁寧なきれいな字を書きます。

「字を書くのが楽しくなった。」と言っていた嬉しそうな爽やかな笑顔を

忘れません。

「字は人そのもの」直筆の字は世界でたった一つ、体温まで伝わってくるようです。

夢でまた会いましょう。

無事は当たり前ではない

7月21日 土曜日 快晴

この日は1985年 8月12日

日航ジャンボ機墜落事故の現場

群馬県御巣鷹の尾根(高天原山)へ

『いのちを織る会』遺族の皆さんとともに慰霊登山の

ツアーに一人で参加しました。

JR蒲田駅に朝6時集合。

長野県と埼玉県の境、本当に山深いところで、今でこそ整備され道路も登山道もできましたが

山の尾根・・当時は道も何もない、もちろん人も入ることができないところです。

当時の遺族は沢に沿って4時間以上かけて現場まで

登ったそうです。

現在は登山道として整備され、道路・登山口には駐車場・登山道には手すりや階段も作られ

登山口から約1時間(実際にはもっと短く感じられた)

「昇魂之碑」までたどり着きます。IMG_3345.JPG

IMG_3346.JPGIMG_3360.JPG

林の中でもかなり暑い。

IMG_3364.JPGIMG_3365.jpg

「昇魂の碑」 当時の上野村 黒沢丈夫村長の書

(崇高雄大な字・・字は人なり)

歌いながら飛ばしたシャボン玉、虹色の泡がたくさん空に昇った・・。

IMG_3377.JPG

すげの沢

機体の後ろの部分が滑り落ちてきた所。

多くの墓標が立ち並ぶ、生存者4名もここで発見された。

IMG_3366.jpgIMG_3373.JPG

 

 

IMG_3382.JPGIMG_3383.JPG

上野村 慰霊塔 ここから直線で10Kmの地点に御巣鷹の尾根がある。

今回は初めてでもあり、ツアーでしたからゆっくりお参りすることもできませんでしたが

33年の時を経て、直接手を合わせる機会を持てたことを感謝しています。

会の代表者・美谷島さんはご夫婦は、とても明るいしっかりした方でした。

1000回以上も登っているそうです。

(美谷島さんは当時9歳の健ちゃんを大阪の親戚に送り出すため、初めて一人で飛行機に乗せました。)

遺族同士が美谷島さんを中心にとても明るく、和気あいあいとして見えました。

ここまで来るには計り知れない悲しさ・苦しさ・後悔・怒り・・想像にもつかない

ことを物凄く積み重ね、共に励まし合って今日までこられたのでしょう。

悲しみは決して消えるわけではありませんが、会の皆さんの笑顔が眩しかったです。

時が経ち、今はJALの人たちと事故を風化させることなく、語り継ぎ、

罪もない多くの人たちの死を無駄にしないためのあらゆることを、

諦めずに日々努力されています。

人はどんなに辛いことでも、時とともにその記憶は薄らいでいくものです。

特に関係者以外は記憶の中にも無くなってしまうでしょう。

33年前は私にも衝撃的なことでしたが、今回実際に強く思い起こしたきっかけは

『沈まぬ太陽』という小説でした。それから8.12連絡会の『茜雲』を読んだことです。

「無事は当たり前ではない 」一つの無事を成し遂げることは当たり前ではなく、

一人一人の

計らい、力によるものが莫大に関わっているのですね。

その逆はたった一人のミス、不注意、故意によるものでも起きてしまうのかもしれません。

 

次の刹那どうなるかわからない命を深く考えた時間です。

 

帰りの電車の車窓から綺麗な『茜雲』が見えました。

日々を彩るもの

早朝の朝焼け

IMG_3284.jpg

夕陽も美しい。早朝の朝陽は空気が澄んでさらに絵のように美しい。

思わず手を合わせたくなります。

 

IMG_3300.JPG
シックな印傳の眼鏡ケース。葡萄柄

 

ある日サプライズが・・。

端正な美しい美しい文字の手紙には、

葡萄柄は『ぐんぐんと先に向かって弦を伸ばす、

たくさんの実をつける。』

縁起のいい柄で、さらに熟成しワインになり人を酔わせ愉しませる・・と。

檜ホールは夢の実現・・と書いた、このタイミングの

『葡萄』は

更に、思い出を濃く彩ってくれました。実に粋な人です。

昇る朝陽・・遠く友人に向かって感謝。

さあ、次に向かっていざ!

夢の実現

6月9日 土曜日

ちょうど1週間前のこの日、私の長年の夢を叶えた日を

迎えました。

 

IMG_1347.jpeg
檜ホール外観

2006年5月 世界初の総檜ホールとして完成しました。

神奈川県湯河原町、相模湾を一望する場所にあります。

このホールを手がけたのは2015年春の黄綬褒章を受賞した私の父です。

完成当時から、『いつかこのホールでコンサートを』と

思い続けていましたが、

簡単に実現できることではなく、いつしか時が経ち

12年・・、ついに実現することができました。

ホール入り口のドアを開けるとすぐに檜の香り、天井の木の梁が匠の技を見せてくれる

素晴らしいホールです。

IMG_1135.jpg
トイレ前のスペース
IMG_1265.jpg
ホール入り口の休憩所

一つの大きなことを(小さなことも同じですが)成し遂げることは、とても面倒なこと、

時にはトラブルも発生し、多くの時間・多くの人の協力・諸々のことがあります。

ドイツ在住のフルーティスト、MIO SUZUKI

前半は電子音楽、後半はピアノとの生演奏のプログラムで幕を開けました。

IMG_1168.jpgIMG_1338.jpeg

お世話になった地元の方々、友人、恩師・・多くの方々に感謝を込めて演奏会が

始まり、無事に幕を閉じることができました。

何よりも高齢の父に見せることが実現できたことに心から感謝いたします。

私が子供の頃は、いつも短い角刈りの頭に木屑をつけ、木の匂いをプンプンさせて

仕事から帰ってくる父が、格好悪いと思っていました。

スーツを着て会社から帰ってくる友達のお父さんを羨ましかった・・。

今、いい歳になった私の懐かしく恥ずかしい思い出です。

『天職』というものがあるならば、父は大工、

娘はフルーティスト。

では、私は・・まだ天職とは言えないですが「字」を追求し続けたいと

二人を見ていて改めて心に念じました。

駅のホームにて

遠くから人を迎える時、駅の改札口で。

見送る時は大抵ホームで電車が発車するまで・・。

『出迎え三歩、見送り七歩』の気持ちです。

6月も人を見送りました。小田原駅の新幹線の

ホームにて。

早朝でも通勤の人たちで混み合います。

新幹線は遠くから静かに駅に滑り込み、発車の合図の音と共に

ホームにいた大勢の人たちを音もなく一瞬でさらっていく・・そんな感じがします。

IMG_3224.JPGもの悲しさを残して。

人それぞれの思いを乗せているのですね。

 

先日、小田原駅は騒然としていました。

いざという時、自分がどう行動するかは、その時になってみないとわかりませんが

私だったら、ただ逃げるでしょう。 自分の危険を顧みず、行動した方がいたこと・・

とても信じられません。 命は地球よりも重い。

只只、手を合わせるのみです。IMG_3223.JPG

 

 

 

三日坊主

月が変わると新しいことを始めたくなりますが、

大抵「三日坊主」になります。

この傾向は私にとっては『運動』です。

どうしても書く仕事上、座ってじっとしていることが多いのでかなり腰も痛め、

足も弱くなりがちです。犬がいなくなってから、目的もなく散歩もしたくないし。

 

そこで、ここ1年くらいを振り返りますと

近所のジムの会員になってみた・・1ヶ月で飽きた。

ヨガ教室に通った・・これは4ヶ月続いた。

家の中を後ろ歩きで移動する・・危ないし、疲れる。

 

何をやっても続かないのは性格か?悩みました。

あっ、そうだ!『楽しくない』からです。

物事、メリットのほかにも自分にとって『心地いい」ことでなければ続かないのですね。

唯一、長いこと飽きないのは『字を書くこと』でした。

それは『字』っていかようにも変わっていかれるからです。

たとえ運動できなくても、歩けなくても手さえ使えれば、書けるし、

きっと死ぬまで進歩を続けられ、その成果を目ですぐ確認できるから

IMG_3157.jpg

私にとって『楽しい』と言えるのでしょう。(勉強はもちろん楽しいことばかりではありませんが。)

教室の生徒さんも、成果が少しずつ見え始めると字を書いている時の

表情まで変わってきて、取り組み方も違ってきています。

 

さて、最近の運動は・・

あまりの運動不足を見かねて家族が健康器具を買ってくれました。

今度こそ「三日坊主」にならないように部屋のドアの近くに置き、いつでも

目に止まるようにしました。

IMG_3178.jpg
今度こそ。

手放す

この頃断捨離に目覚めています。

以外と片付けはやりだすと楽しい。

家の中の半分以上のものが

ただの収納物になっている気がします。まだまだ延々と続きますが、

本の処分には服を捨てるより、勇気がいります。どれを残してどれを手放すか・・・。

これまでの片付け方法は

  1.  古本屋に売る・・個人情報を書かなくてはいけない。当たり前だが、とても安い。
  2.  図書館に寄贈する・・かなりの量を抱えていった。

『この本、寄贈したいのですが・・』

『あっ、その辺に置いておいてください。』

IMG_3097.jpg

3. 知り合いにあげる・・好みが合わないだろう。

4. ゴミに出す

以外とこれが一番スッキリ。何十年も再読しているものは手元に。

 

さて、これから先どんな本との出会いがあるか(人も)楽しみです。

IMG_3098.jpg

実践を

連休は世界卓球で始まり、世界卓球で終わりました。

今年も選手の「親戚のおばさん」になりきって

心臓ドキドキの応援を。

選手の皆さんありがとう!お疲れ様でした。

「世界一」はきっと遠くない将来必ず。

あと1点で負ける・・というピンチから立ち上がる様は

実に見事で大感動。

「精神力の強さ」を見せてもらいました。

この強さは数多くの本番から培ってきたもの・・

字もそう。練習ばかりで人目にさらすことがなければ

いつまでたってもそれは「お稽古」

今日よりも明日、少しでも進歩したいなら

本番(実践)あるのみ!

IMG_3029.jpg

さて、

5月のペン字のお手本に「背くらべ」を。

柱のきずはおととしの〜♪

歌いながら書いたので、生徒に

「歌いながら書いてみて」と言ったら

笑われてしまいました。

でも、その方が字に表情が出ていいと思いますが・・。